NHK連続テレビ小説『まれ』の2015年7月21日火曜日の放送の98話で、希のお父さんのWeb制作会社が倒産です。

 

www.nhk.or.jp

 

 

ヒロインの紺谷希(土屋太鳳)の父親・津村徹(大泉洋)の会社が倒産したみたいです。いや、倒産しそう、ですか。私はお金に関することがさっぱり分からないですが、粉飾決算で逮捕された安西(六角精児)が、徹のWeb制作会社の保証人になっていたそうです。

安西は表向き経営コンサルタント的な男です。安西は以前、希が企画した能登移住ツアーに参加していた男で、輪島に来て……何をしたんでしたっけ? 確か、輪島塗の工程を紺谷圭太(山崎賢人)から聞き出して、伝統を排除して効率化を推し進め、そのために塗師屋から色々な職人を引き抜いたとか、そういう話だった気がします。でも既に記憶が曖昧です。あとは携帯電話を徹に貸して、貝殻ビジネスのためのスポンサーも紹介して……みたいなこともしていました。

徹は、安西の会社を保証人にして金融機関から5000万円も資金の融資を受けていたようで、安西が捕まり金融機関からお金を返せと言われ……ということで、徹は早速他へお金を借りに出かけていました。輪島の人間は誰も安西を相手にしないと、希や、希のお母さんの津村藍子(常盤貴子)が怒っているなか、その安西から資金援助受けていることを白状していた徹……自業自得とはいえ少々かわいそうでした。

確か、以前、徹はIT関連の事業に手を出して失敗し、多額の借金を作った後にそれを整理したんですよね? つまり彼は自己破産したのだと受け取っていたのですが、そういう人は銀行からお金を借りることができるのでしょうか? しかも5000万円もの大金を。できないですよねぇ。やはり真っ当なルートから借り入れは難しいから、安西みたいな、というとあれですが、そういうルートを取るしか手がなかったのかなぁ、と見ていて思いました。

ていうか、Web制作会社に5000万円もの資金が必要とは思えないのですが……どうなのでしょう。極端な話、ネットワークと従業員分のPCとAdobe系ソフトがあれば何とかなってしまうと思いますので、それほどお金を必要とする業種ではない気がしますが……それは私が物を知らないだけなのでしょう。

でもあれですよね、希の弟・一徹(葉山奨之)はデイトレーダーなんですよね。彼が一山当てて、5000万円をポンと出して終わりそうな予感がします。一徹は、津村みのり(門脇麦)と9人子供を作ると宣言していたけど、徹のせいでその予定が狂ってしまうかも知れません。

 

リアルで東芝の事件があったばかりですから、タイムリーな話題というとそうですが、ちょっと朝ドラにしては重苦しすぎる展開です。朝ドラはせっかく朝に放送しているのですから、もっとパッと明るい物語にしてもらいたいなぁと思います。山や谷がないと視聴者がカタルシスを得られないのは分かりますけど、先週の一子(清水富美加)の話だって決して明るいものではなかったですし……そろそろねぇ。

それはそうと、最後に圭太が倒れたという電話が入ってきました。今週になって、希は師匠の池畑大悟(小日向文世)からフランス修行を勧められていて、そのことを旦那の圭太に話したいのですが、どうにも連絡がつかないみたいでした。てか、月2回は電話だけでなく夫婦で会う約束をしていませんでしたっけ? 圭太は何をやっとるんだ。

 

dysdis.hatenablog.com 

 

堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方

堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方

  • 作者: 堀江貴文
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2004/08/31
  • メディア: 単行本
  • 購入: 13人 クリック: 209回
  • この商品を含むブログ (76件) を見る