阿蘭陀通詞の由緒諸としてまとまっている物は、

(1)阿蘭陀通詞由緒書 明和八年書上

(2)阿蘭陀通詞由緒書 享和二年書上

(3)長崎通詞由緒書

があり、『長崎県史』「史料編第四」に収まっています。この3つの由緒書からは15姓23家が拾えます。

①今村

②石橋

③名村

④吉雄

⑤楢林

⑥堀

⑦西

⑧茂

⑨加福

⑩本木

⑪志築

⑫馬田

⑬三島

⑭中山

⑮横山

 

『阿蘭陀通詞起請文』の署名には、上記15姓以外に6姓あります。

⑯馬場

⑰岩瀬

⑱末永

⑲小川

⑳森山

㉑荒木

 

『奉行蘭館長蘭通詞控』の署名には、上記21姓以外に4姓あります。

㉒富永

㉓中島

㉔立石

㉕品川

 

他にも、幕末期の諸記録から名前を引っ張ってくることはできますが、[1]ではこの25姓が由緒のある阿蘭陀通詞家としています。

 

 参考文献

[1] 片桐一男「阿蘭陀通詞の研究」吉川弘文館 (1985)