昨日は、保江先生の愛の武術稽古で、踊りで技をかけるという稽古に、僕が参加していた事でなってしまいました。

そして体の使い方までレクチャーさせていただく機会も頂き、お水もボトル三個持っていったかいがあり、五十名ほどの皆さんにキアムス事業の伏流水活動のお披露目と試飲もさせて頂き、その場で会員登録をしていただけた方もいらっしゃり、本当に有り難い一日でした。


やはり、螺旋での動きが起きてきているのでしょうか。

リニアの土俵から、刺し子のように裏に針を差し入れて、捻ってループ構造の無意識から又リニアの土俵に現実を創るという構図が、無意識に僕の態度や言動にも現れて来たので、無理なく様々が動きはじめた可能性を感じています。

愛で技を結果上手にかけたり、子供のように魂を全開で外の世界に抽出して、成りきる事で技を上手にかけれたりするときにおきるような、結果よくわからないけれども、不随筋が無意識から自動的に動いて相手が自ら倒れてくれるのと、愛通じるものがあります。

ですからまだまだ、今のキアムス事業展開でのループの動きが、その事で動いているなと言う事が、思い込みなのか実際にそうなのかは、わからないのかもしれません。

最後までクラインの壺が、贈与経済を抽出したとは、証明など出来ないのでしょうが、きっとセルピュアの販売事業を手掛ける菅家先生率いるピュアライフ様も、ジェイソンさんの無意識からの繋がりがジェイソンテイーを販売するように立ち上がっていったイオス様も、不思議なことに奇跡と言いたいドラマがストーリーがそこから生まれたのは、きっとそこにキアムス構造の、無意識からの動きが現れたからなのでしょう。

ということは、刺し子運動でナットの下からボルトがエネルギーを生み出す事が、度重なって現実の三次元に姿を表し、ある程度三次元で形に成りだしそこに平地が隆起して端山を創るように、見えない世界からのエネルギーが、現実に見える形表したことを、僕らは《奇跡》とよんでいるのかもしれません。

そしてそれを生み出しやすい状況に持っていく為に、シャーマンは仮面をつけてなりきって踊る事で不随筋が動き、当事者の不随筋とシンクロが起きて、奇跡を産み出していたのでしょう。

それが《魔術》だったのでしょうね。


何故このblogを通して、様々な個人的な事や失敗等、「穴があったら入りたい」という部分までオープンにして載せているかというと、まさに無意識が意識に現れて、結果三次元が動くという軌跡を書き綴って行くことで、現実三次元の世界を成長させていくためには、ビフォーアフターの途中経過の足跡を綴っておく必要があるように感じているからです。

昨日は愛の武術稽古アフターで、先々週と同じく何名かで飲みに行って、帰りに酔った勢いと、無意識でのアラエビスの事業が、ジワジワと見える形で現れてきた喜びで、ジョークご挨拶サヨナラチュウーをある女性としてしまい、人生で一番大事な景子に不快な想いを届けてしまいました。

今朝には、懐の深い肝っ玉お母ちゃんを目指す景子は、この馬鹿で大きな子供を許してくれたから、本当に良かったのですが、これもまさに「穴があったら入りたい」の行為で、その時には不思議とキアムスを起こせる、無意識の穴は閉じてしまいます。

リニアの平面で、無限の贈与が生み出す穴が(きっとこの穴を宇宙ではブラックホールと呼んでいるのでしょう)ふっと閉じてしまう時に、チャンスは消えてしまいます。

その事を、今回の僕の幼稚な行動は、景子という幸せを生み出す穴を一瞬閉じさせてしまったのですが、本当にいつもしっかりと愛して、愛を伝えているから完全に穴を閉じないで、僕が夜行バスに乗っている間も、隙間をあけて待ってくれていたのでしょう。

そして今朝すんなりとその隙間に気付いて、景子の無意識に入り込んで、キアムス構造での捻れ交差で「御免なさい」を伝えたときに、又この幸せを生み出す穴がいつもの広がりを取り戻しました。

この穴がいつも開いていることが、オープンハートなのでしょう。

きっとそこに幸福は蓄積されていくのでしょう。

GDHを数値化出来ている暮らしぶりが見える、養老院や障害者施設、オルタナテイブナ学校があるコミュニテイーを確立したい。

そのなかで外の世界に向けてキアムスビジネスが成功して、例えば無料で入れる養老院や障害者施設や学校は当たり前で、逆に給料が貰える施設を創りたいのです。

その土台を伏流水キアムス事業で何としても、形に載せたいのです。

その穴が閉じてしまう時に、諦めが始まり、人は満たされない感覚をリニア平面に蓄積させていくのでしょう。

それが悩みやイッパイイッパイ感を創り、心を犯しはじめて、死にさえも誘い込む。

何故なら死は、無意識に繋がる最大の穴であることをどこかで知っているからだと思うのです。

けれどもその時に穴が閉じているから、自殺は念が残るのでしょう。

それをもう一度国民幸福数値であるGDHが沢山ある穴に、入れてあげると魂の再生再構築が生まれて、カルマさえも持たない輪廻が起き始めるのでしょうか。

それを徐霊と言うのではないかと思うのです。

ではそれを、この三次元にいつも穴が空いていて、幸せのお水で満たされている為には、男性がもっともっと、女性性を自分に生み出さないとならないと思うのです。

それは僕が、架空の子宮を手に入れなくてはならないことに、通じるのでしょうか。



愛する景子は自らの子宮感覚で、今回僕のなかに子宮を創ってくれたのだと思うのです。

今回の小さな広がりではあるけれども、確かに以前よりは大きな広がりになってきた、伏流水キアムス事業での収穫を、更に増殖させて、日本を世界を地球を、《宇宙国民幸福数値》として見える形で、その数値を高めるためには、この収穫を次に広がる種として、幸せ感覚イッパイの穴に又入れて増殖させていくという子宮に育てなくてはならないと感じています。

このリニア平面三次元に、子宮に繋がる穴が沢山空いていたら、きっと女性も子供もとても暮らしやすい世界になるのでしょう。

そこには、弱者がいない世界に通じる穴が、いつも開かれているという、大地そのもののように感じるのです。

三日ぶりのこの泉郷は、その穴が至るところに空いている素晴らしい地です。


この地の穴と、景子の愛によって発見させられた僕の中に確かに空き始めた、架空の子宮への穴が、今大きなシンクロを生み出しはじめたように感じられるのです。

愛する景子、ありがとう。

そしてこの穴が、多くの奇跡を、この伏流水から生まれるキアムス事業に、幸福を生み出す子宮なのでしょう。

今日から更にこの穴を意識して暮らし、三日後の長谷川のお仏壇の会長様との間にもしかしたら生み出せるコラボ、そして四日後に千葉の障害者雇用で農業法人を実現されようとなさっている、樋口さんとのコラボ、そして五日後の美し国のツキナミサイ、名古屋での武術関係二回目のワークに繋がる出張に奇跡を生み出したいと思っているのです。

その奇跡が、いよいよ訪れられる、リトルスターの佐々木社長とのコラボの奇跡にも繋がり、六月中盤にお越しになられる、サルジオ学園のシスターとのコラボにも拡大していくものに育っていくはずです。

この事業を見える形で、納得できて未来の幸福が感じる大きさに持っていく為には、今の僕には奇跡の連続以外手立てを持ち合わせていません。

それは己に子宮を創り、そこに捻れ交差で幸せを生み出す《豊かな穴》を構築することなのです。

明日は、二十年ぶりに行った、白山にスタジオがあった頃よく行った、水道橋カツヤさんカツキチの話題を載せます。






Android携帯からの投稿